タミフルとそのインフルエンザの予防薬としての効能

タミフルはインフルエンザの治療薬であり、A型とB型のインフルエンザに対して作用する。このタミフルの効能としては、体内でインフルエンザのウイルスの増殖を防ぐことがあります。
これは増殖を防ぐことで症状の悪化を防ぐものであり、体内のウイルスを除去して症状を改善するものではありません。インフルエンザになった場合にタミフルを初期のうちに服用しなければならないのはこのためです。
また、タミフルで以前に大きく報道された問題として、未成年者が服用したときの副作用の問題があります。主なその副作用としては、服用した未成年患者の異常行動があります。
しかし、この異常行動についてはいまだにはっきりとした原因が判明していないため、また、国外ではこのような症状が見られなかったため、現在は10代には原則としてタミフルを処方しないことになっています。
このほかにもタミフルには、下痢などの消化器官への悪影響がありますが、これは約10パーセントの人が訴える症状であり、症状自体も重くなく心配はありません。
このタミフルにはあまり知られていませんがインフルエンザの予防薬としての効能もあります。インフルエンザウイルスが体内に潜伏している時期に服用することで、症状が全くでないままにインフルエンザを死滅させることができます。
また予防薬としてタミフルを服用することで、服用した人のインフルエンザの感染率を1.3パーセントに下げることができます。
このことから、免疫力が弱く、インフルエンザにかかると特に大変な子供やお年寄りの方には、とても有効なものだといえます。
このことをうまく使うことで、インフルエンザに免疫力の弱い方がかかった場合の、リスクを回避することができますが、現在は発症してからのみ医師から処方してもらえる薬であるため、個人で海外から輸入する必要があります。

関連記事